クレジットカードの現金化はもちろん自分でもできるけど落とし穴も!

クレジットカードの現金化、業者に頼めばさくっとできる世の中です。

でも業者に頼むと換金率の問題もあるし、情報漏洩とかも怖いと考える人も多いでしょう。

ならばいっそ、自分でクレジットカードの現金化をしてみようと思うのも当然です。

特にやり方は難しくありません。

業者と同じく、買ったものを売るだけです。

でも業者がいるということは、自分で現金化する人少ないということでもありますよね。

危険、あるのでしょうか。

※業者を使ったクレジットカード現金化もおすすめ

自分でクレジットカードの現金化をするというのは

業者に頼んで現金化する場合、業者の提供する品物をクレジットカードで購入、それをまた買い取ってもらって現金にするという方法です。

では自分でやるとなると、これどういう風にやればいいのでしょうか。

実は自分でやる時も、同じ方法で現金化します。

何かをクレジットカードで購入、それを売るというやり方ですね。

業者に頼む時と違ってこの時、転売するための品物はもちろん売れる人気商品であることが必要です。

そしてそれを選ぶのが、これ結構難しい面倒だと考える人は多いのです。

加えてちょっとした危険も、付きまといます。

自分でクレジットカードの現金化する時に購入する品物は

購入した後中古買取店や金券ショップですぐに売れる商品でないと、意味がありません。

人気の品としては、新幹線の回数券や商品券、ゲームのソフトやハード、それにブランド品などが人気です。

特に商品券や新幹線の回数券は、95%くらいの金額で買い取ってくれる店もありますので、自分で現金化する時の定番の品になっています。

ゲームソフトやハードも、そういった品物専門の買取店だとかなり高値で買い取ってくれます。

ブランド品も人気ブランドだと、これもいい感じの値段で売れます。

このあたりが、自分で現金化する時の定番商品ですね。

どんなところで売ればいい

一番面倒のないのは、近場の金券ショップなどです。

商品券や回数券などは軽いし持ち込むのに面倒がありません。

また都心などには多くの金券ショップがありますので、換金率の高いお店を探すのに適しています。

ブランド品も同じく、金券ショップで扱っていますが、ブランド専門の買取ショップで売るのが最も安全で買い取り金額にも間違いがありません。

ゲーム商品に関しては、これは普通の金券ショップではまず買取は行われません。

専門のお店に持ち込む必要があります。

またこうした持ち込みだけでなく、ネットのオークションに出して売るという方法もあります。

ネットに慣れていてオークション経験者の場合、そちらのほうがいい金額での取引ができることもあります。

嵩張る物だと特に、オークションは便利ですね。

自分でクレジットカードの現金化するのに問題はある

これだけ簡単に現金化を自分でできるなら、なぜ業者がなくならないのか、不思議に思ったことはありませんか。

早い話、自分でクレジットカードの現金化する人は、少ないということです。

これはいくつか理由がありますが、第一には面倒だということですね。

購入する品物を選んでそれを転売する、結構手間と時間がかかります。

持ち込みでの買取してもらう場合、買取店まで行く時間も必要です。

加えて気つけなくてはいけないのが、カード会社です。

換金率の高い、特に新幹線の回数券などの購入、これはクレジットカード会社も注目しています。

あまり頻繁に行われていると、現金化のための購入ということでカードを利用停止人されてしまう危険性もあります。

人気商品にはカード会社も目を光らせているということ、これ忘れないようにしたいですね。

そして何より、自分でやる現金化の場合、即日お金が手に入るというのは、難しいというより不可能です。

すぐにお金の現金化をという場合は向きません。

自分でやるクレジットカード現金化のまとめ

カードを使っての現金化、これ自分でやれば業者を通すよりも換金率高く、しかも安全に行えるような気がします。

しかし実際には、時間も手間もかかり、しかもカード会社に目を付けられる危険性もあるという、あまりお勧めできる方法ではないのです。

餅は餅屋ということわざがありますが、この現金化についても同じことです。

プロの業者、きちんとした業者に頼めば、時間も手間も少なく現金化ができます。

品物を選んで転売場所を選んで、持ち込んで換金するという手間を考えれば、いい業者を選ぶだけで済むというのはやはり魅力ですね。

自分でと思うもの当然ですが、結局は業者を通した現金化のほうが安全で早いということ、覚えておいてください。