新幹線の回数券はクレジットカードの現金化として利用できる?

foaonline.org
foaonline.org
2019年7月3日

クレジットカードの現金化には換金率の良い商品を買って、それを様々なお店で換金するという方法を取ることがあります。

この換金率の良い商品はブランドバッグなどもありますが、金券や切符もその対象となることがあります。

しかし、具体的にどんなものが用いられることがあるのか、明確に答えられる人は多くありません。

そこで今回新幹線の回数券を例に挙げてメリットを紹介し、最近のトレンドについても触れながらお話ししていきます。

これを読めばなぜクレジットカードの現金化で新幹線の回数券が用いられるのかを知ることができます。

クレジットカード現金化で新幹線の回数券を買うメリット

クレジットカードの現金化で新幹線の回数券を買うメリットは高額商品という点と買取金額が高いという点が挙げられます。

高額商品という点ですが、クレジットカードの現金化を考えた場合数万円単位の金額を現金化することが多くあります。

そのため高額な商品を購入し、その買取価格が高くなる必要があるのです。

こういった条件で購入しようと思うと通常のバスのチケットや通勤列車の切符だけだと数千円程度しか買えません。

しかし、新幹線の回数券であれば数万円単位で購入することができ、買取金額も数万円単位で期待できます。

また買取金額が高くなるのもメリットです。

新幹線の回数券はバラ売りもできますし、まとめて売ることもできます。

さらにビジネスマンや旅行客の方が少しでも安く新幹線に乗るため購入する場合も少なくありません。

そのため需要も高く、チケットショップなども高額で販売できます。

そういった意味でチケットショップも買取金額を高めに設定していることが少なくありません。

このように数万円で購入できてしかも買取金額も高いというメリットがあるためクレジットカードの現金化に向いている商品と言えます。

新幹線のチケットは現金化で利用ってバレる?

クレジットカードで新幹線の回数券を購入しているとクレジットカード会社と買取の金券ショップにバレることがあります。

クレジットカード会社は利用者の購入品目を注視することがあります。

そして不自然な買い物を行っているとショッピング枠の現金化を行っているのではないかと疑い、確証が持てた時点でクレジットカードの利用を停止させることがあります。

できるだけキャッシング枠を使ってクレジットカード会社からお金を借りてほしいと考えているからというのと規約にショッピング枠をお金に変えてはいけないという決まりを作っている会社があります。

そのため新幹線のチケットを大量に購入しているとそういった行為を行っているのではないかと考えることがあります。

また、金券ショップも疑うことがあります。

新幹線のチケットをクレジットカードで買うとチケットにCまたはC制と印字されます。

これはクレジットカードで購入したということが分かるようにして返金対応を円滑に行うためにJRが実施しているサインです。

金券ショップはこういった知識をきちんと持っていて、売れ残った場合の処理として払い戻しを行うのに不適なC制(発行した駅でないと払い戻しができないという大きなデメリットがある。

または応じられないこともある)を嫌う店があります。

そういった意味でCと付いた切符を買い取らないということもあります。

このように新幹線の回数券は現金化に最適な商品である一方、クレジットカード会社や金券ショップにバレることがあります。

新幹線回数券はリスクがある?

クレジットカードの現金化で新幹線の回数券はリスクも出てきています。

実際に頻繁に回数券を購入して利用停止になったケースも出てきています。

そうなると場合によっては信用機関に登録されてブラックリスト入りすることもあります。

そうなると気軽に行った新幹線の回数券の買取による現金化で痛い目を見ることもあるのです。

クレジットカード現金化は新幹線回数券以外が主流

そう考えると新幹線の回数券を使ってのクレジットカードの現金化はメリットがなく、クレジットカードの現金化自体できないのではないかと考える方もいます。

しかし最近はAmazonのギフト券などが新幹線の回数券よりも換金率が良く、ネットで簡単に手に入れられるため主流になっています。

そのため新幹線の回数券を買うよりも手軽でリスクが少ない(ポイント目当てで大量購入している場合もあるためクレジットカードも不自然な利用だと認めにくい)というメリットがあります。

なので、無理に新幹線の回数券をたくさん買って現金化するより、アマゾンカードで高額な額面を購入してそれを買い取ってもらう方がずっと魅力的になっています。

まとめ

新幹線の回数券は高価買取や高額な購入額になるといったメリットからかつてはクレジットカードの現金化における主流となっていました。

しかし、今はAmazonのギフトカードの方が換金率が高く、ネットで簡単に手に入れられるためクレジットカードの現金化の主流となっています。

現金化商品の種類